【国土交通省よりお知らせです】

最近の大規模火災をめぐる状況や防火関連の技術開発をめぐる状況等を踏まえ、建築物・市街地の安全性の確保、既存建築ストックの活用、木造建築物の整備の推進の3点を改正の柱とする「建築基準法の一部を改正する法律」が、本国会で成立し、6月27日に公布されました。
国土交通省では、今回の法改正の内容全般に加えて、公布後3ヶ月以内に施行する改正内容に関連する政省令等の内容の周知を行うため、「平成30年改正建築基準法に関する説明会(第1弾)」を以下のとおり開催することと致しました。

(1)主な対象者 :特定行政庁、指定確認検査機関、指定構造計算適合性判定機関等の職員、設計事務所等の設計者、建築基準法に関わる業務に携わる方々
(2)日時・場所  :全国主要都市4箇所(詳細は別紙)
(3)説明時間  :2時間程度(別途、質疑応答時間を設ける)
(4)主な内容  :法改正の内容全般、公布後3ヶ月以内に施行する改正内容に関連する政省令等の内容
(5)講師     :国土交通省担当官
(6)参加費    :無料
(7)参加方法  :事前の申込みが必要です。以下ホームページより申込みをお願いします。
(8)申込期間  :平成30年7月3日~開催日前日まで

説明会申込先・問合せ先→https://krs.bz/koushuu-setsumeikai/m/30kaiseikijyunhou