【被災建築物応急危険度判定士養成講習会について】

○受講対象者

長崎県内に在住もしくは勤務している次の何れかに該当する方で「被災建築物応急危険度判定士」として登録していただける方。(過去に受講された方は再受講の必要はありません。)

  1. 一級、二級および木造建築士
  2. 建築基準適合判定資格者
  3. 一級建築施工管理技士
  4. 建築行政の経験を3年以上有する地方公共団体若しくは地方住宅供給公社の職員
  5. 市町長が推薦する地方公共団体の職員

○日時・場所 長崎会場(定員60名)令和3年1月14日㈭13:30~16:00(13:00開場 )長崎県庁1階大会議室A・B

○受講・登録費用  無料

◎申込方法・詳細につきましては、こちらをご覧ください

【被災宅地危険度判定士養成講習会について】

○受講対象者

・宅地判定士として登録し、令和3年(平成33年)3月31日に有効期限を迎える方で、長崎県被災宅地 危険度判定士認定登録要綱第8条に基づき登録の更新を行おうとする方

※今年度は、更新の方のみとします。

○日時・場所 令和3年1月14日㈭10:30~12:30(10:00開場 )長崎県庁1階大会議室A・B

○受講・登録費用  無料

◎申込方法・詳細につきましては、こちらをご覧ください。