すまいと健康

住まいを断熱化することで、省エネルギー性が向上するだけでなく、健康な人を増やし、病気予防や介護予防につながることがわかってきました。

住まいが健康に対して与える影響についてエビデンスを基に説明し、医療福祉・建築が連携を図ることが健康長寿に寄与することについて、セミナーを開催します。

講師には住宅の省エネ性能と住まい手の「健康」との相関関係について、長年、医学的視点を交えた調査研究を行っておられる慶応義塾大学理工学部伊香賀教授をお招きします。

詳しくは、➡住まいと健康について  案内 をご覧ください。

申込は、➡こちら