平成30年12月14日公布された「建築士法の一部を改正する法律」(平成30年法律第93号)」が、令和2年3月1日に施行されます。

【新しい建築士制度の概要】

1. 建築士試験の受験資格の見直し

2. 建築士資格に係る実務経験の対象実務の見直し ※1

3. 学科試験免除の仕組みの見直し

4. 建築士事務所の図書保存の見直し
 

詳しくはこちらの→リーフレットをご覧ください
 
※1 対象となる実務経験の具体例を(公財)建築技術教育普及センターのHPに公表し、順次更新していきます。
(個別具体の実務内容が対象実務に該当するか否かについて、建築士を志望する者が判断することが可能となるように、詳細の「対象となる実務経験の例示リスト」)

https://www.jaeic.or.jp/shiken/2k/exam-qualifi-2kmk/index.html