「国産材活用による地方創生トップセミナーin九州~都市の木造化への挑戦~」
のお知らせ
 
本県のヒノキやスギの人工林も利用期を迎え、間伐や主伐により生産される木材を積極的に活用する必要があります。そのため、県では公共建築物等における木材利用の促進に関する法律に基づき、平成23年に「長崎県公共建築物等木材利用促進方針」を策定しており、また、県内全ての市町においても「公共建築物における木材の利用促進に関する方針」が策定され、公共建築物等の木造・木質化を促進しているところです。
 
このセミナーは、木造建築物の建設後の効果(集客・ランニングコスト)などの事例も紹介され、公共建築物の木造化を進めるためには、非常に有効と思われますので、県産材の利用促進のため、ご出席くださいますようお願い致します。

 

1. 日 時 平成30年7月26日(木)
   【第一部】セミナー13:00~17:10  【第二部】交流会17:30~19:00
 
2. 会 場 ホテルニュー長崎 鳳凰閣(長崎市大黒町14-5 長崎駅隣接地)
 
3. 主 催 一般社団法人 日本木造耐火建築協会
 
4. 定 員 100名
 
5. 参加費 【第一部】セミナー:無料 【第二部】交流会:3,000円
 
6. 申 込 一般社団法人 日本木造耐火建築協会 ホームページより各自お申込み下さい。(7月13日締切)
ホームページはこちら